So-net無料ブログ作成

【セミナー報告】IJET-25に参加してきました。 [セミナー報告]

東京ビッグサイトで開催されたIJET-25に参加してきました。

2日間の会議に参加して、セッションを通じて先輩翻訳者の方々から受け取ったメッセージをまとめてみます。


1.「翻訳業界の未来とそのなかで翻訳者が取りうる道」
井口耕二さん

JTFが行った翻訳白書のデータをもとに、JTF総会基調講演よりもさらに細かい分析がなされ、「速度をあげることで、ある程度までは収入はあがる」が、「それ以上収入をあげるためには、レートをあげる必要がある」ことが再確認されました。

関西のSKITでも話されるようですので、直接話を聴く機会がある方は、聴かれるとよいと思います。

第9回関西通翻勉強会「SKIT」

JTFの井口さんの基調講演に関しては、前のエントリもご参照ください。

JTF基調講演を聴いてきました。

JTF基調講演を聴いてきました。その2


では、日英・英日ともレートが下がっているという市場環境の中で、「取りうる道」は何か?

ぐるぐると考えながら、「技術翻訳101」を聴講してきました。


2.「技術翻訳101」 
時國滋夫さん、佐藤エミリー綾子さん、大光明宜孝さん、田中千鶴香さん、高橋さきのさん

時國さんのお話を聞くのは、初めてでした。5名のベテラン翻訳者の方が120分で話すというタイトなスケジュールでしたが、いくつかセッションを通して私が受け取ったメッセージをまとめます。


●時國さん

・英語ネイティブの友人を持つ。
・まずは1か所でよいから、自分を大切にしてくれるソースクライアントを探す。


●佐藤エミリー綾子さん

・コミュニケーターであり、ジャーナリストであれ。
・鼻をあげなさい。原文に寄り添い、一度全てを自分に取り込む。原稿と睨めっこばかりしていないで、鼻をあげて、アウトプットする。
・コミュニケーション力が大事。対技術者、対チェッカー(対ネイティブチェッカーを含む)、対顧客であれ、コミュニケーション力が大事である。

ご自身は文系とのことでしたが、台形CSGダムの仕事をされた際のことを例にお話しくださいました。

・その分野の本を少なくとも3冊は読む。
・図書館に行く(例:国会図書館など)。
・この案件は、翻訳だけではなく、ナレーション、通訳も担当されたそうです。
・ネイティブスピーカーの知り合いを探して、コミュニケーションを図る。

・ビジュアル辞書で確認する。
Merriam-Webster Visual Dictionary Online

英文ライティングの強化方法として、パデュー大学の「ライティングラボ」をご紹介いただきました。
Purdue OWL (Online Writing Lab)


●大光明宜孝さん

・品質、速度、持続性が大事
・相性のよい顧客はいずれ見つかる。頑張って、2、3社見つける。
・実際にその分野で使われている用語、一般的な用語をきちんとおさえる。

大光明さんの作業環境をご説明いただきましたが、十人十色のYouTube、JTFジャーナルの寄稿もご参照ください。

翻訳勉強会「十人十色」辞書編: 大光明宜孝さん

JTFジャーナル


●田中千鶴香さん

・私たちは、進んでコマになろうとしている。
・ブラック化するこの国
・取り替えのきく安い労働力
・スキルを売るのではなく、心を売ろう(魂を売るのではありません)
・ロールモデルを見つけよう(三笠綱郎さんの例。三笠さんは9月にJTFでセミナーをされるそうです。企業に勤めた後、フリーランスになり、また企業に戻られた方。面白いご経歴の持ち主でした。)

1)能力の低いIT翻訳者にならない。
2)必要な能力を意識して身につける。
3)商品としての価値を考える。
4)視野を広く持つ。


●高橋さきのさん

翻訳フォーラムを井口耕二さんと共同主宰されておりますので、ぜひそちらにもご参加ください。

・逐語訳問題
・あれれアンテナ。あれれ?と思えるアンテナを持っている必要がある。
・定訳はない。
・コンテクスト次第
・辞書の向こう側
・テクニカルタームを「統一しない」スキル
Ngram Viewer

十人十色の勉強会でお話しいただいた際の動画がYouTubeにあるので、そちらもご参照ください。

翻訳勉強会「十人十色」辞書編:高橋さきのさん


5名の方のお話は、『プロが教える技術翻訳のスキル』にまとめられているので、ぜひそちらもお読みください。


3.さらば「日本語が透けて見える英語」! 
遠田和子さん

課題を事前に提出して、参加しました。

・最初の一語を安易に決めない(どの言葉を主語に置くかで、流れが決まってしまう)。
・主語、動詞、アクション、簡潔さ
・とにかく、Edit, edit, edit!
・Self-editの重要性

・「表現力」と「質」が生き残りの鍵である。
・最初の5 words。弱くないか?簡潔か?

・日本語は、ズームインしていくイメージで、英語はズームアウトしていくイメージ。
・住所の記載方法を例にとるとよい。

英訳をする際には、

・最初の一語を何にするか熟考する。
・推敲する際には、最初の5 wordsをみて、簡潔か、弱い言葉を選んでいないか?もっと的確に伝えられる単語はないか?を考える。

遠田さんの英訳セミナーは、JTFやサン・フレア アカデミーなどでも受講できるので、機会があればぜひ参加してみてください。

サン・フレア アカデミー(通信・通学)

JTFセミナー

WordSmyth英語ラボ(遠田さんのサイト)

推薦図書
Style: Toward Clarity and Grace (Chicago Guides to Writing, Editing & Publishing)


午後のセッションは、
「東京オリンピック語学サービス需要見通しとサイマルの取り組み」 藤井ゆき子さん
「原文から何を読み取るか――3歩手前から考える」 高橋さきのさん
「21世紀に求められる翻訳者の資質とは? ―さまざまな現場から語る―」 豊田憲子さん、井口耕二さん、高橋裕子さん

を聴講してきました。

最後のセッションでは、高橋裕子さんが、津田塾大学ライティングセンターを紹介されました。

関西大学ライティングラボとも連携しているようなので、関西の方は関西大学のラボを調べてみるとよいかも知れません。


先日の井口さんのJTF基調講演、今回のIJETで先輩翻訳者の方々の話を聴いた私の結論ですが、

・日本語、英語で書く力を強化して、質を上げる。
・レートをあげる。
・大切にしてくれるお客さんを探す。

ことに尽きる気がしました。

それぞれの方にとって、「とりうる道」は異なると思いますので、またどこかでお会いしましたら、みなさんの意見も聴かせてください。

プログラムに★がついているセッションは後日アーカイブされると思うので、楽しみです。

IJETプレイベント、IJET-24(ハワイ)、IJET-23(広島)、TACなどのビデオもJATのサイトでアーカイブされていると思うので、参考にしたいと思います。


地道にこつこつやるしかないと思いますので、頑張りましょう。

IJET実行委員会のみなさん、ありがとうございました。


プロが教える技術翻訳のスキル (KS語学専門書)

プロが教える技術翻訳のスキル (KS語学専門書)

  • 作者: 時國 滋夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Style: Toward Clarity and Grace (Chicago Guides to Writing, Editing & Publishing)

Style: Toward Clarity and Grace (Chicago Guides to Writing, Editing & Publishing)

  • 作者: Joseph M. Williams
  • 出版社/メーカー: Univ of Chicago Pr (T)
  • 発売日: 1995/06/15
  • メディア: ペーパーバック



Style Toward Clarity and Grace (Chicago Guides to Writing, Editing and Publishing)

Style Toward Clarity and Grace (Chicago Guides to Writing, Editing and Publishing)

  • 作者: Joseph M. Williams
  • 出版社/メーカー: Univ of Chicago Pr (Tx)
  • 発売日: 1994/09/30
  • メディア: ハードカバー



【本】「800字を書く力」 [本]

 先日、ブログ記事を書いていたところ、Terry Saitoさんが本の紹介をツイッターで折りよくされていたので、手を止めて読んでみました。

 800字を書く力 (祥伝社新書 102) [新書] 鈴木 信一 (著)

 2008年に発行された本なので、すでに読んだ方もいると思いますが、この本を読んだあとに、「いままでよりも書くことが楽しくなった」ので、いくつかその理由を紹介いたします。

 自分の書いた文章を読んでみて、読みにくい文章になっているときは、どういうときか、を考えてみました。

・文章を読めた気になっていて、きちんと読めていないところがある。
・キーワードを拾って読んでいるときがある。

 また、1つ前のブログ記事でも書きましたが、読みにくい文章になっているときは、つぎのような場合もあります。

・「は」「が」の使いわけが、きちんとできていないときがある。
・視点が行ったり来たりするときがある。
・自分の文章を客観的にみられていないときがある。

 いままでの経験上、「最初の原稿はボツにして、思い切って書き直すと改善することが多い」ことにも気がつきました。

「翻訳の場合、できが悪い翻訳文をいくら校正してもダメで、リライトした方がいい」、ということは理解していましたが、「できが悪い文章をいくら推敲してもダメ」で、いさぎよく「初稿はゴミにして書き直し」と割り切ったら、頭の中で構成がまとまってきている分、思ったよりも時間がかからずに書けることにも気がつきました。

・考えがまとまっていない。
・頭にイメージがきちんと描けていない。

ときも、すっきりしない文章になっていることが多いです。

 英文和訳でもそうですが、「きちんと絵が描けているか?」「いないか?」で、訳文の仕上がりが違います。母国語の文章でも、「考えがまとまっていない」「頭にイメージがきちんと描けていない」ために、「初稿ではまどろっこしい文章になる」、「思い切ってゴミにして書き直すことですっきりする」ことに気がつきました。

では、どうして書くことがいままでより楽になり、楽しくなったのか?

・「始めの1行を書いたら、1行目の不足を補うためにつぎの文章が生まれる」、と前述の本に書いてあったので、とりあえず「1行書く」ことにしました。

・この「1行」ですが、ブログを書こう、と決めたときは、たいてい伝えたいメッセージがあるので、その「1行」をとりあえず書いてみることから始めたら、より楽しくなりました。

・800字。本のタイトルでもありますが、とりあえず「800字」書こう、と思ったら、より楽になりました。

・「結論から始めるか」「結論を最後にいうか」。私の場合、日本語も英語も「結論を最初にいう」ことが多いので、まずは「結論から書く」、つぎに「そう思い至った理由を書いてみる」ことにしたら、より楽しくなりました。

「先輩の翻訳者の方にいわれたこと」があります。
・書かないと上手くならない。
・読むだけでは上手くならない。
・自分の意見を書けばいい。

「翻訳すること」と「文章を書くこと」は頭を使う部分が違うように思いますが、使わないと、忘れてしまいます。また、使うことで、新しい気づきがあります。課題を提出するのもそうなのですが、「自分の訳文でいい」と気がついたら、より楽になり、より楽しくなりました。同様に、ブログを書くのも、「自分の意見を書けばいい」「まずは1行書いてみよう」「800字書いてみよう」と思ったら、より楽しくなってきました。

 だまされたと思って、まずは1行書いてみてください。

 赤をいれるのも、いれられるのも大好きなので、「こういう文章の癖があるね」などありましたら、いつでも教えてください(ちなみに、読点が多いです)。

参考:
今更ながらブログ書きの勧め

翻訳者よ、実名でブログろう!



800字を書く力 (祥伝社新書 102)

800字を書く力 (祥伝社新書 102)

  • 作者: 鈴木 信一
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: 新書



【セミナー報告】「読ませるIT翻訳Part III」を受講してきました。 [セミナー報告]

 高橋聡さんが講師を務める「読ませるIT翻訳Part III~訳語の選び方、言葉のつなげ方」を受講してきました。

 高橋さんのクラスは、過去2回サン・フレア アカデミーのオープンスクールで見学したことがあったのですが、今回は事前課題もやらせていただきました。

 いまさらですが、訳文をチェックしてもらい、よい点、わるい点のフィードバックをもらうことで、「自分の訳文の癖を知り、客観的にみる」ことができました。

 手ごろな長さで分野が異なる課題がいくつか出され、得意な分野のものはあまり赤もはいらずにほっとしましたが、苦手分野の課題には赤がたくさんはいってしまい、改めて「自分の訳文、翻訳スタイルの癖」を理解することができました。日ごろやっている分野と近い内容の課題が出されていたため、さっそく手持ちの和訳案件の見直し時に、「今回の受講で気づいた自分の訳文の癖」に気をつけるようにしました。

 ふだんは英語ネイティブの校正者と一緒に英訳をしていることが多いのですが、「自分の和訳時の癖」を把握できたことは大きな収穫でした。

 以下、受講後に「気をつけるようになった点」を3つ紹介します。

1.主語と述語
 推敲するときに、主語、主語、主語、と主語の流れを追ってみました。
 つぎに、述語、述語、述語、と述語の流れも追ってみました。
 当たり前のことかも知れませんが、ふだんは英訳ばかりやっているので、主語、述語をチェックするだけで随分と自分の訳文がすっきりすることに気がつきました。

2.視点がぶれていないか
 自分の訳文を読んでいて、「視点がぶれて、行ったり来たりすることがある」ことにも気がつきました。和訳をするときでも、文章を書くときでも、「視点が行ったり来たりしないか」を意識すると、自分の訳文がまたすっきりすることにも気がつきました。

3.「は」と「が」
 自分の文章の癖で、「『が』を多用すること」「『は』『が』の使いわけがしっかりしていないこと」に気がつきました。

 「訳文のブラッシュアップで考えること」として、高橋さんは14の項目をあげているのですが、今回のクラスでは、そのうちの2つ「主語の置き方」「訳語の的確さ」を教えてくださいました。あとの12の項目も教えて欲しい!

 今回のクラスには、12名の方が参加されていて、現役の翻訳者の方、リピーターの方もいらっしゃったようでした。5月に開催されたクラスと課題は同じでしたが、受講生の訳文をみてできていない点に焦点をあて、3時間のクラスが終わった時点で私は上記3点を学び、「つぎがあるならまた参加したい」と思いました。月に1回コースでも受講したいです。

 英英辞典の話もでましたが、英英辞典活用のクラスも過去のオープンスクールでされていたので、英英辞典のクラスにも参加したいと思いました。

「英英辞典でワンランクアップ」2012年秋 開催レポート

 IJET-25プレイベント仙台で録画されたビデオが、JATのサイトで公開されていますので、ご覧いただくと高橋さんのクラスのイメージが湧くかも知れません。

「角笛でした。角笛です。角笛なのです。~『指輪物語』の翻訳の妙~」

 9月にはオープンスクールもあるようですし、また機会がありましたら、高橋さんのクラスを受けたいです。

 課題をやり、赤をいれてもらうことで、自分では気がつかない点に気づけるので、課題はやらないとダメですね。IJETの課題も頑張ってやりたいと思います。

JTF基調講演を聴いてきました。その2 [セミナー報告]

ひとつ前のエントリでは、報告書の内容を引用できないこと、IJETに行かれる方は直接報告を聴いた方がよい、と思うため、歯切れが悪い説明になっていました。このエントリでは、報告書からは一旦離れて、いま私のなかにある情報をもとに、私が現在考える「私自身が取りうる道」、についてまとめます。

今回の基調講演を聴いて、私のなかで起こった気づきは大きく分けて以下3点です。
1.全体像がみえた(山)
2.さてどうやって攻略するか(方法論、ルート)
3.自分はどの位置にいたいか

1.の全体像に関しては、又聞きになるよりも直接ソースから情報を得た方がよいので、報告書を読み、IJET、翻訳祭などで井口さんの話を聴いてください。

2.さてどうやって攻略するか(方法論)
3.のどこに行きたいか(山)が定まらないと、攻略法(山を登るルート)が定まらないため、ここはあとにします。

3.自分はどの位置にいたいか
今回、レートに関しては、英日で3円未満から35円以上、収入に関しては、100万未満から2000万円以上のデータが提示されました。自分のレート、自分の収入と照らし合わせると、自分の現在の立ち位置が把握できます。では、この先どこに行きたいのか?

ここで気をつけたいことは、一喜一憂しないこと。データが提示されただけですので、自分のライフステージ、キャリアプラン、取り巻く環境を考慮し、「自分はどこに行きたいのか」、を決めればいいのです。

自分の環境を考慮して、以下のような理由から、私自身は次の価格帯にチャレンジした方がよい、と考えています。

理由:
・子育てが一段落すること
・13年目であること
・自分の年齢
・10年、20年の中長期で考えると、オーバーホールは早い方がよい
・日本市場における需要と供給のミスマッチを感じる
・全体的にレートが下降傾向にあるため、現状維持だと収入減のリスクが増える

それでは目指す山が決まったので、山を登るルートを考えます。

2.さてどうやって攻略するか(方法論)

・日本語、英語のさらなる強化:
私の場合は、日本語、英語ともに紙で印刷できるレベルを目指します。あちこちの和訳の勉強会にも参加しているので、一緒に勉強しましょう。

・ツールなどによる凡ミス撲滅:
原稿の量が多くても、凡ミスを限りなくゼロに。ツールでチェックできることは、ツールでチェックします。

・新規開拓:
チーズはどこに行った?といつまでも同じところに留まっていても始まりません。日本市場における需要と供給のミスマッチを感じるため、新規開拓をしています。13年目ですが、最近またトライアルを受けるようになりました。平行して、海外のエージェントさんとの取引、紹介経由、直取引なども増やしています。引き合いがありましたら、ぜひご連絡ください。

それぞれのライフステージに合わせて、登る山、登るルートは異なります。ひとりひとりの個人事業主として、ほかのひとの意見に惑わされず、報告書のデータを使って、現在位置を把握し、自分が登る山を決めて、登るルートを決めたらよいと思います。

話はつきないですね。またリアルで会ったときにでも、みなさんの意見も聴かせてください。IJETでお目にかかりましょう。


JTF基調講演を聴いてきました。 [セミナー報告]

すでにテリーさん井口さんがブログに書かれているので、私の視点で気づいた点をまとめてみます。

調査結果については、直接報告書をお読みいただくか、来週末に開催されるIJETでの井口さんの報告を聴いてください。報告書は、JTF事務局で販売しています。

今回の基調講演ですが、1)翻訳会社の方からの報告、2)個人翻訳者の方からの報告(井口さん)という二部構成でした。1)の報告に関してもいくつか思うところはありましたが、今回は2)の個人翻訳者の方からの報告(井口さん)を聴いて気づいた点をまとめてみます。

「年収を増やしたければ速度向上より単価改善を狙ったほうがいい(そうした人のほうが年収が多い傾向にある)」と、井口さんご自身もブログに書かれておりますが、日英・英日ともに全体的にレートが下がっている状況で、どのように単価をあげればいいのか、という課題にぶち当たります。その点はおそらくIJETの講演で話されるのだと思いますが、現実と理想の狭間で悶々としている方も多いのではないでしょうか。

レート、労働時間、収入の相関関係、速度で収入が伸びる収入層とそれ以上は速度では伸びきらずに質がないと収入が伸びない、という分岐点がみえました。私はフリーランスになって13年目ですが、私自身の収入の伸び、レート、速度との相関関係をみても、あぁ、ここまでは速度で来たけど、これ以上は質をあげないと上の層にはいけないのか、と納得ができました。今回の調査では、レートに関しては、英日で3円未満から35円以上、収入に関しては、100万未満から2000万円以上、労働時間に関しては、月間労働日数1~5日、26日以上のデータが得られています。ある一定レベルまでは速度をあげることで収入はあがりますが、それ以上は質(レート)をあげないと収入は伸びない、その分岐点(転換点)がみえました。ただ、JTFジャーナルの報告にも記載されているように、中位クラスで「300万円台から400万円台」とのことですので、400万あればいい、というかたもいるでしょう。また、今回の報告を受けて、1000万を目指そう、というのも、英日・日英ともにレートが下がっている状況で、現状からそこまでどうやっていけばいいのか?と頭を悩ます方も多いと思います。

収入1000万円の方の特徴として3つほどあげていらっしゃったので、IJET、翻訳祭などで話があるかも知れません。

今回の調査で、業界の全体像、自分の位置、この先どうすればよいのか、が少しクリアになりました。IJET、翻訳祭でも話されるとのことですので、楽しみです。IJETで見かけたら声をかけてください。よろしくお願いします。

*もっと具体的な話は、リアルで会ったときにでも聞いてみてください。